子供と話をする時間が必要と思っているのに…





5月11日、

愛知県のマツガネ台幼稚園で講演をさせていただきました。

この日は幼稚園の母の日イベント。


お母さん達に子育てで役に立つ話をして欲しいというご依頼で

「図解子育て🄬」をベースにした

『子供とのコミュニケーションを「見える化」する』

という話をしてきました。

子供と話をする時間が必要と思っているのに…


お母さん達は毎日バタバタ忙しくしていますよね。

家のことだけでなく、

子供たちの幼稚園や学校のイベントや習い事

スケジュールを把握するだけでも大変です。

それら全てが同時進行なわけですから、

世の中のお母さん達は本当にすごい!!


イライラもしますよね~。


イライラしながらも、それを当たり前にやっているのだから

本当にお母さんの愛情は深いなぁと思います。


そんなに愛情をかけてくれているお母さん達なのに、

講演会のアンケートには、こんなことが書かれていました。

・子供と話をする時間的余裕がない。
・子供の話をさえぎってしまうことが多い。
・冷静に話が出来ない。
・適当に返事をしてしまう。



この中でも、子供とゆっくり話す時間を作れていない

と反省しているお母さんがとても多かった。


子供の話を聞いてあげたい

と思いながら、日常に追われて

ついつい ないがしろになってしまっていることを

お母さん達は感じているようです。


子供が幼稚園から帰ってきたら、いっぱい話してくれるのに、

何かをしながら流し聞きをしていて、覚えていないことも…


兄弟がいると、上の子と話をしようと思ったら、下の子が邪魔したり。

逆もしかりです。


そんな日々の中で、向き合わないといけない話になると

感情的になってケンカのようになってしまう。

冷静に話が出来ない…







そんな子供との会話の時間を作りたいと思っていても、

いざ話すと感情的になってしまう お母さんは、

まず、子供の話を聞くことから始めてみてはどうですか?


そこで、

誰でも気軽にチャレンジ出来る

『LET’S 3分トライ』がおススメ!!


一日の中でどこの時間帯でもかまいません。

3分だけ、子供と二人の時間を作ってみましょう!

お子さんが二人いたら、交互に3分ずつ。

おススメは、子供に自分専用のタイマーを買ってあげて

そのタイマーで3分はかること!

100円ショップに行くと、

可愛いタイマーやかっこいいタイマーがありますよ。






タイマーを3分にセットして、

ピピピと鳴るまで、子供の話を聞く。


子供が話したいことを気持ちよく話せるように。

色んな質問をしながら。


今日は何したの?
誰と遊んだの?
どうなったの?
どんな気持ちだったの?


普段もしている会話かもしれませんが、

時間をはかりながら、

お母さんは真剣に子供の話を聞く体勢になっているので

集中して子供の話が聞けますよ!

何かをしながら流し聞きではなく、相づちを打ちながら。


スマホを見ているだけでも、3分ってあっという間に経ってしまいます。

意識するだけで、時間って作れるものですよ!!


この3分で、アンケートに書かれていたような

子供と向き合う時間を作れてなかったなぁ

という思いが解消されるなら、いいと思いませんか?


きっと、お母さんの小さな罪悪感が無くなるだけでなく、

子供のお母さんに対する信頼感

お母さんに話を聞いてもらえる安心感

もアップすると思いますよ。


ぜひ、お試しください!!